歯が痛い 虫歯が気になる 詰め物が取れた 歯茎から血が出る 口臭が気になる 歯の色が気になる 口の中にでき物ができた 顎が痛い・音がする 親知らずが生えてきた 入れ歯が合わない

診療案内

一般歯科

虫歯治療

虫歯は、早期発見・早期治療

虫歯治療

虫歯は細菌が歯を溶かすことが原因で起こる一般的な歯の病気です。
症状が初期の段階なら、痛みも少なく治療期間も早く済みます。
しかし、症状が進んでしまうと、治療に強い痛みが伴い、治療期間も長くなります。
結果として、患者さまの肉体的・経済的に負担を増やしてしまいます。
さらに、虫歯を放置していると歯の根管(神経)を腐らせてしまい、歯を失う原因を作ってしまいます。
大切な歯を失わないためにも予防をしていきましょう。

歯周病治療

きづいたらもう遅い?本当に怖い歯周病

歯周病は、虫歯と同じようにお口の中の細菌が引き起こす感染症です。
初期段階では自覚症状がなく、成人の80% は歯周病に感染していると言われています。
歯ぐきの腫れや出血といった症状がおこり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
風邪を治すには、原因となるウ イルスを除去することが必要ですが、歯周病でも同じです。
治療には、原因をよく理解し現在のお口の状態をよく診査し、それぞれの状況に応じた治療計画を しっかり立てることが
重要になります。
「口臭が気になりだした」「歯磨きの時に歯ぐきから血が出る」などに思い当たる方は歯周病に感染してしまっているかも知れません。

口腔外科

口腔外科(こうくうげか)とは、齲蝕や歯周病の治療を除く顎口腔領域の外科処置を中心として、その疾病全般を扱う診療科のことです。
この領域には歯が原因となるものから癌までさまざまな疾患が発生します。
また交通事故やスポーツなどの外傷、顎変形症ならびに唾液腺疾患などの外科的疾患のほかにも、口腔粘膜疾患、神経性疾患、口臭症などの内科的疾患も含まれます。

小児歯科

乳歯の虫歯を放っておくと大変なことに

乳歯は永久歯に比べ虫歯になりやすい上、治療も難しく、虫歯の進行も非常に速いのが特徴です。
痛みも少ないため、気付かないうちに神経の近くまで虫歯が進行しているという事もよくあります。
さらに、乳歯の虫歯は将来生えてくる永久歯にも影響を与えてしまいます。
この時期は虫歯を治療することより、虫歯にならないように予防することが大切です。
歯を守ることは、健やかな成長と将来の健康に大きくかかわる事なので、小さいころからの予防習慣を身につける事が将来の歯の健康を考えた時に重要な事なのです。

レーザー治療

レーザーを使って、安心・安全治療

レーザー治療

レーザー治療には殺菌作用があり、お口の中を清潔にコントロールすることが出来るので治療を安全に行う事ができます。
また、治療時の痛みを抑えることが出来るので患者様の負担を軽減することができます。

予防歯科

予防が健康への近道

予防のために歯科医院に通うというのは、日本ではあまり聞かない習慣ですが、歯科医療が進んでいる北欧では、ごく当たり前の習慣です。毎日の歯磨き、自分ではきちんと磨けていると思っていても完璧に磨くことは難しく、磨き残しがあるのが現状です。
その磨き残しをなくすため、歯科医院でプロのクリーニング をすることが必要になります。
予防歯科で定期的にクリーニングを受けることで、虫歯や歯周病などを未然に防ぐことができ、自分の健康な歯の寿命を延ばすことができます。 また、治療した後でも歯のケアが不十分だと、虫歯や歯周病が再発してしまいます。
そのような事態を防ぐためにも、治療後のアフターケアとしての予防も大切です。

MIペースト 超音波スケーラー フロス・歯間ブラシ・ブラシ・研磨剤