歯が痛い 虫歯が気になる 詰め物が取れた 歯茎から血が出る 口臭が気になる 歯の色が気になる 口の中にでき物ができた 顎が痛い・音がする 親知らずが生えてきた 入れ歯が合わない

親知らずが生えてきた

親知らずってなあに?

親知らずってなあに?

第3大臼歯のことをいいます。
前歯の真ん中から数えて2番目までを切歯、3番目を犬歯、4・5番目を小臼歯、
そして6・7・8番目が大臼歯です。
第1大臼歯は、いわるゆ6歳臼歯のことで6歳、第2大臼歯は12歳頃出てきます。
この第3大臼歯は、一般的には18歳~22歳頃で、まれに30・40歳頃に出てくる
こともあります。
「親知らず」の由来は、昔、親が亡くなってから出てきたためと言われています。
また別名「智歯」とも言われ、これは成人になってかなり知恵がついてから出て
きたためのようです。

親知らずはいたずら好き!?

親知らずはいたずら好き!?

①磨けません!
どんなに一生懸命に磨いても、親知らずには歯ブラシが届かないのです。
したがって、虫歯や歯周病になる可能性が高くなります。
②虫歯になる!
汚れがたまることによって、親知らずもその手前の歯も虫歯になります。
③炎症をおこす!
親知らずが出てくるスペースがない場合には、変な方向に向かって出てくることが多く、歯肉がかぶったままになり炎症を起こしやすくなります。
④歯槽ノーローの原因となる!
親知らずの周りに汚れがたまることによって、手前の歯の骨を溶かし歯槽膿漏となります。
⑤口臭の原因となる!
磨けないために汚れがたまり、口臭の原因となります。
⑥歯ぐきを噛む!
上の親知らずが出てくると、下の歯ぐきを噛むようになり、炎症や腫れの原因となります。
⑦手前の歯の根を溶かす!
手前の歯の根を押した場合には、その押された歯の根は溶けてしまう場合があります。
⑧歯並びを悪くする!
親知らずが手前の歯をおすことによって、歯並びを悪くする場合があります。
⑨顎関節症になる!
親知らずが手前の歯より出てくると、顎の動きを邪魔するようになります。そうなると、顎の病気である顎関節症となります。