歯が痛い 虫歯が気になる 詰め物が取れた 歯茎から血が出る 口臭が気になる 歯の色が気になる 口の中にでき物ができた 顎が痛い・音がする 親知らずが生えてきた 入れ歯が合わない

入れ歯が合わない

入れ歯が合わなくなる原因

入れ歯が合わない場合には入れ歯の形が変化した場合と、歯ぐきまたは歯の状態が変化した場合があります。

1、入れ歯の形が変化した場合

落としたり欠けたりして入れ歯がお口の中で合わなくなった時は、その入れ歯をお持ち頂ければ出来る限り即日で修理を行い、その日から使って頂けるようにします。

2、歯ぐきまたは歯の状態が変化した場合

入れ歯を入れていない期間が長い場合、歯ぐきや歯の状態が変化してしまう時があります。
その時は入れ歯を調整して使って頂ける場合があります。

※ただし1・2共に状態によっては使用できない場合もあります。

入れ歯は長期間使用していると、噛む面がだんだん合わなくなってきます。
また上記の理由で、入れ歯が使用不能になった時には、入れ歯を新しく作ることをお勧めします。

新しく入れ歯を作る場合の手順

新しく入れ歯を作る場合の手順

入れ歯が完成した後は、お口の中に合う様に何度か調整が必要となります。

入れ歯を使用する事によって、きちんと噛めるようにするのはもちろんの事、かみ合わせを安定させ、顎の関節に過度な負担をかけないようにしていきます。

入れ歯に関して疑問、質問があればいつでもご相談ください。